読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに生きたい

モノが多い暮らしは面倒くさいことが多いことに気づきました

手放すと手に入る

昨日反省したはずなのに、

今日もまた12時を超えてしまいました。しかも大幅に。

書く時間を考えた方がよいのかなあ。

 

さて、

今日は「手放すと手に入る」について。

 

自分にとって必要か、そうでないかの判断をして、

必要ではない(少なくとも今は)という理由で手放す。

そうすると、不思議なことに欲しかったモノ・コトが手に入ってくる。

 

そんな話をふんふんと聞いていたので、

以前に比べると手放すことへの不安は軽くなっている気がします。

 

そして、実際にやってみると、

本当にその通りになるのだなあということがたくさん起こっています。

 

例えば

これ以上仕事を受けないようにしよう

↓ 今まで何でもかんでも引き受けてしまっていた欲を手放した

自分が理想とする仕事が舞い込んできた

 

だとか

 

少し高くても使い勝手や心地の良いキッチン用品で整えよう

↓ 台所用品を見直しして不要なものを手放した

ルクルーゼのお鍋が当たった

 

こんなことが起こっています。

 

考え方、とらえ方の違いと言われれば、

そうなのかもしれません。

 

懸賞の当選だって、たまたまだったのかもしれません。

 

だけど、意識を少し変えることで、

こうしてプラスが舞い込んでくるのだとしたら、

それはそれで素敵なことだからよいと思っています。