読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに生きたい

モノが多い暮らしは面倒くさいことが多いことに気づきました

モヤモヤしたらひとつ捨てる1

昨日アップしようとしたら、

すっかり忘れてしまっていました…。

ここのところ寝不足&生活リズムがおかしくなっているので、

ボケ度進行中です。反省です。

 

さて、そんな生活をしてしまっていることもあり、

なんだかモヤモヤした気持ちがぬぐえません。

こういう時は「モヤ捨て」です。

*モヤ捨て…モヤモヤしたらひとつ捨てる

 

今日は何を処分しようか…。

 

あー、あったあった。

 

今日のモヤ捨て

重ねて収納できるステンレス製の丸い保存容器3点セット

f:id:pechicall:20170225161530j:plain

相方が独身時代から持っていたものです。

たぶん親から送ってもらった食べ物系の荷物の中に入っていたものなのかなと思われます。

 

シンク下収納の奥に鎮座していたこのセット。

1つは蓋が壊れてしまってすでに処分しています。

今回あらためて出してみると、残る2つのうちもう1つも蓋が割れていました。

 

 一見便利そうな保存容器なのですが、

一緒に住むようになってからはほとんど使うことがありませんでした。

 

なぜ使っていなかったのか?を考える

使っていなかったのは何かしら理由があるはず。

些細なことでもこうした理由を把握しておくことで、

自分の好き・心地よいを見極めていく指針になると思っています。

 

  • 丸い容器が苦手
  • スペースが無駄な気がする
  • 四角い容器の方がしまいやすい気がする
  • 野田琺瑯の容器を最近は愛用中
  • 取り出しづらい場所に保管していたので使わなかった

 

なぜ処分できなかったのか?を考える

今まで長いこと処分できなかったことにも理由があるはず。

モノの処分は自分と向き合うことでもあります。

書き出すことで反省や今後に活かしていきたいです。

 

  • そもそも相方のもの
  • 相方の家族が送ってくれたもの(と思われる)
  • 重ねて収納できるので便利そう
  • 置くスペースがあるから問題ないと思っていた

 

相方、家族という部分で処分することに対して引け目を感じている自分がいた。

→思いや感情が処分を邪魔していた。

 

便利そう…の「○○そう」は危険。

→今までの経験上「○○そう」で手に入れたものは活かしきれていないことが分かった。

 

スペースがあるから置いておくという発想は危険。

→掃除の観点、スッキリした暮らしをしたいという目標設定から、この発想はNGだと分かった。空いていてもいいのよと思えるようになってきた。

 

書き出すと見えてくる

こうして書き出してみると、

ビックリするくらいダメ…というか、

あまり深く考えずに放置していただらしない自分が見えてきます。

 

頭の中だけで考えるのではなく、

アウトプットしていくことが大切だなあ。