シンプルに生きたい

モノが多い暮らしは面倒くさいことが多いことに気づきました

処分に手間がかかると手放しにくい

このところ相方のいびきがすごくて、寝不足気味です。

いびきがうるさいなあと思って小声で「うるさいなあ」とつぶやくと、それまで以上のいびきが帰ってくるという漫才のような状態。

いびきの原因は太ったことが一番だと思っているので、ダイエットに励んでもらわないとともくろんでいます(ダイエットは、私自身にも言えるけど)。

閑話休題
今日は大き目のモノの処分について考えてみます。

置く場所があると捨てづらい?

去年プリンターが壊れてしまって、買い替えました。

壊れたプリンターはというと、実はまだうちのリビング兼ダイニングの端っこの方でずんと転がっています。

9畳ほどのリビングですが、2人暮らし&床にモノを置かないよう心がけていることもあって、それなりにモノを置いて置けるスペースがあります。

粗大ごみ収集申込が面倒というのもあって、処分するタイミングを逃してしまっています。気になっているものの、さほど邪魔な場所に置いているわけでもないので、面倒が先だって処分できずにいるのです。ああダメですねこれ。

タスクに入れて早めに処理する

置いてても邪魔にならない

自分の中でのプライオリティが低い

仕事や予定優先。後回しにしてしまう

このループになっているので、強制的にタスク登録しなくちゃ!です。

頭の片隅で気になっているコトを1つでも処理することは、ココロの整理にも繋がると感じています。いつまでも気になる要素を置いておくことは、汚れをため込んでいるのと同じことだわね。

買う時に処分する時のことも想定して手に入れる

プリンターは仕事でも使っていることもあって、買い替えは逃れられません。

家具ひとつとっても、処分するって大変です。

軽い素材の引き出しケース(押入れ収納ケース的な)だって、バリバリに割ればよいかもしれないけれど、一般的には粗大ごみ扱い。

粗大ごみの申し込みや料金を払う行為、収集場所へ持っていく体力、室内の置くスペースなど、大物は処分しづらい点も考慮した上で手に入れないといけないなあと痛感しています。

手に入れるはたやすい、手放すは大変。

意識してモノを選別していきたいです。

モノの増減をスマホアプリで管理する

マイルール「ひとつ手に入れたら、ふたつ手放す」は、いつも座っているデスクの目につくところにメモを置いて正の字で数を管理し始めました。

このブログをはじめた2017年2月からの事なのですが、はやくも途中で数がよく分からなくなるという状態に。

こまめにつけていたのに、アレ?数があっていたっけ?となることがプチストレスで、自分に合った管理法がないかしら?ないならアプリを作ろうかしら(勉強がてら)と思ってふと検索して見たら、あるんですね〜。ありがたや。

モノの増減をシンプルに管理してくれるアプリ「minimalist」

ミニマリスト 無料版 - 断捨離アプリ

ミニマリスト 無料版 - 断捨離アプリ

  • Koji Ito
  • 仕事効率化
  • 無料

 

アプリの名前が全てを語ってくれています。

アイコンもシンプルで気に入りました。

アプリの使い方も簡単・シンプル

f:id:pechicall:20170318204642j:plain

使い方も簡単です。
モノの出入りがあった時に、カレンダーの日付をタップして、メモと数を入れるだけのシンプル設計になっています。

試しに使ってみましたが、私にはこのアプリが合っているなと感じています。

1日のうちにどれだけのモノが出入りしたか、1ヶ月トータルでどうなったかを可視化できるところも気に入っています。

ちなみにモノの出し入れを意識しはじめた2月は、

入…9個
出…42個

合計33個のモノを家から出すことに成功しています。

「ひとつ手に入れたら、ふたつ手放す」と「モヤモヤしたらひとつ捨てる(モヤ捨て)」がよい感じに定着しつつあるかな?

3日坊主はクリアしたけど、3ヶ月坊主にならないよう引き続きゆるりと頑張っていきます。

増えたモノ、減ったモノ6

増減カウントシリーズはやくも6記事目となりました。

こうして日々記録を取っていくと、自分自身の買い方や捨て方の傾向を探ることができていいなあと感じています。

今回購入したのはタオル類。
なんとなく古ぼけてきたこと、一部のバスタオルに謎の黒い点々がついて取れなくなってきたことなどから買い替えました。

買い替えはカウントしないがルールですが、今回もモノを減らしたいので頑張ることにしました。

増えたモノ

タオル類 6枚

【内訳】
バスタオル 2枚
ハンドタオル 4枚

前回購入したショップの半面ガーゼのタオルがなかなか使い勝手よかったのですが、今回別のタオルを試してみたくて、同じショップ内で別のモノを購入しました。

減ったモノ

6個増えたので12個減らさないと!

【内訳】

1)相方のぬくぬくインナー 2枚

2)バスタオル 4枚

3)チャッティー 2つ

ペットボトル用のティーストレーナーです。
マイボトルがない時によく使っていました。
夏場特に重宝していましたが、ティーストレーナー付きのボトルをいただいたこともあって使わずにしまっていました。

今はボトルがヘビロテ中なので、チャッティーさんありがとう。

4)丸い保存容器(プラスチック製とガラス製) 2個
丸い保存容器は使いづらいと感じているのに、この2つだけは手元に残っていました。
1つは誕生日にいただいたモノ、もう1つは相方が持っていたモノ。

変な思い入れがあったから今まで処分できないままだったのは明白です。

モノは使ってこそ大切にしている状態です。今回片をつけました。

5)コーヒーの空き瓶 2つ
ネスカフェ製品の空き瓶が好きです。
パっと開けやすく、調味料類を保存しておくのにちょうどよい大きさだから。

とはいえ、取っておきすぎだなあと思ったので、蓋の色が違う2つを処分。

処分することで分かったこと

数を決めて処分しようとすると、なかなか出てこないものだなあと思った。

普段必要ないから処分しようかなと思っているものでも、いざ実行するとなるとものすごく葛藤する自分がいた。

まだまだ修行ですね。

増えたモノ、減ったモノ5

半年ほど前から購入しようかどうか相方と検討してきた結果、とうとう「布団乾燥機」を手に入れることにしました。

増えたモノ

布団乾燥機 1台

f:id:pechicall:20170312170946j:plain

アイリスオーヤマの布団乾燥機です。
楽天のショップで購入しました。

選んだポイント

布団乾燥機を使ったことがないので、

  • 値段が手頃
  • 置き場所に困らないコンパクトなもの
  • 使い方が簡単なもの

この3点に絞って購入を検討しました。

家電量販店にも足を運んで実機を確認して、一番コンパクトで持ち運びにも困らないだろうと判断しました。

使ってみた感想

「早く買えばよかった。」この一言につきます。

布団を干したくてもなかなか干す時間と手間をとることができないこともあります。そういったストレスが一気に解消されました。

小さいので取り回ししやすく、置く場所にも困らない。
余計なボタンがないので簡単に使い始められたことも印象よかったです。

届いてすぐに使ってみましたが、乾燥後の布団はふっくらふんわり。
ニオイも減少した気がします。

これから花粉の季節でもあるので、こまめに使っていきたいです。

減ったモノ

相方のタイツ 2点

嬉しいことに今回は相方が協力してくれました。

固形のモノを買ったのに処分が洋服なので、体積を考えると差がありすぎる気がしないでもありませんが、トータルでモノの量が減ればヨシ。

増えたモノ、減ったモノ4

久しぶりにモノを増やしました。
というか、買い替えです。

マイルールでは、買い替えはカウントしないと書いていますが、今回は同数入れ替えというのでもないのと、モノを減らしたいので、増減カテゴリにすることにしました。

モノと向き合い、自分を知っていくことは、死ぬまで続くんだろうなあ。

増えたモノ

五本指ソックス 6足

f:id:pechicall:20170312170058j:plain

五本指ソックスの愛用者です。
一度履いてしまうと、普通の靴下に戻れないくらいのお気に入りアイテムです。

今、自分の手持ち靴下の適正量ってどれくらいかなあと試行錯誤しています。

減ったモノ

全部で12点を処分。

【内訳】

下着 1点
グレーのタイツ 1点
眼鏡拭き 2点
五本指タイツ 1点
五本指ソックス 2点
→どれも古ぼけてきたので処分

ユニクロ補正インナー 1点
→いいなあと思って購入したのですが、着ているとどうにも肩が凝るので処分。

半袖インナー 1点
→半袖はこのところ着なくなったので処分。

ユニクロジョガーパンツ 1点
→部屋着で大活躍ありがとう。

白のパーカー 1点
→1度も着たことがないままでした。サイズ感あわないのに買った私大反省。

足ふきマット 1点
→洗い替え予備として置いていたけど、1枚で大丈夫なので処分。

まだまだ減らせそうですね。

意識していくって本当に大事だなあと日々痛感しています。

3.11

1.17阪神淡路大震災の時、私は学生で京都に住んでいました。
あの時も相当な揺れで、目が覚めたのはよいけれど驚きと恐怖感で身体が動きませんでした。

そして6年前の今日、3.11東日本大震災が起こった日。

あの日私は自宅で仕事をしていました。

いつもの小さな地震かなあと思ったのもつかの間、あっという間にぐらぐら揺れて棚にあるモノが落ちてくる。揺れは大きく長い。
怖くて怖くて、電話を片手にリビングのテーブルの下に泣きながらもぐりこみました。

あまりの恐怖感から、思わず実家の母の仕事場に電話してしまったけど、母は地震のことを知らず「どうしたの?!」と不思議がられました(あとからとても大変な出来事があったと知って、とても心配してくれました)。

当時から一緒に住んでいた相方は、帰宅難民状態。
遠い道のりを革靴でトボトボ歩いて帰ってきました。

被害の大きさを映像で見てかなりのショック。
大きな余震も続いたのもあって、3ヶ月ほど仕事がまともに手につきませんでした。

1.17の震災で受けた心のダメージが私に残っていたんだと感じた日々でもありました。

私ですらこうですから、被災された皆さんの心のダメージはどれほどのものでしょう。

言葉にできません。

1人でも多くの人が笑顔で暮らせることを願っています。

2つの震災を私なりに経験したことで、生き方はもちろん、モノとの付き合い方もかなり考えさせられています。

シンプルに生きたいという気持ちは、災害対策の意識もあるのでしょうね。

私なりに、我が家なりに、いろんなコト・モノと向き合って暮らしていきたいと再確認しました。

モヤモヤしたらひとつ捨てる6

3月もモヤ捨て絶好調です。

自宅が仕事場になっている分、モヤモヤは常に隣り合わせ。

気分転換がてら何か処分できるモノはないかしらと、よいリフレッシュにも繋がっています。

今回手放したモノ

海外のインテリアと雑貨の雑誌 4冊

旅行の記念も兼ねて買って帰ってきました。
情報はどんどん新しくなっていきます。雑誌もそう。
想い出は心の中にあるから、処分。

簿記の通信講座テキスト 1セット

相方がずっと持ち続けていたセットです。
変なところからはみ出していたので、気になって仕方ない。

よく見てみると2009年版!ひええ、これはもうアカンやつですね。
私たち夫婦の職業とあんまり関係ない資格なのに、
なぜ取ろうと気持ちが動いたのか謎です。

数字に強くなることは大切だけど、
日々のお仕事で十分いかせているし、
この資格がなくても今のところ職にはありつけているので処分。

あ、ちゃんと相方に確認とりましたよ。

マイルールの補足に「相方のモノは触らない」と書いていますが、
触る場合はきちんと確認を取ることは徹底しています。

最初に「処分してもよいか」と聞いた時、
「ええっ!」と、難色を示しましたが、
2009年版なんだけど…と伝えたところ納得してくれました。

我が相方、年に数回ある片づけ熱が上がった時は「えいやっ」とセレブ捨てするのに、こういう小さなコト、日々のコトは苦手なようです。

人それぞれ。興味深いです。